ラインナップ

指揮者が語る!—現代のマエストロ、29人との対話

古楽をどう考えるか、現代音楽はなぜ嫌われるのか、商業主義はやむをえないのか、オペラの新演出は必要か、故郷、政治と音楽の関係、師から学んだこと…、29人が語る、音楽と人生。

著者 ディーター・ダーヴィット・ショルツ 著 蔵原 順子、石川 桂子 訳
ジャンル
出版年月日 2008/12/31
ISBN 9784871985598
判型・ページ数 B6判・475ページ
定価 本体3200円+税
在庫 在庫なし
ネット書店
                   

内容説明

古楽をどう考えるか、現代音楽はなぜ嫌われるのか、商業主義はやむをえないのか、オペラの新演出は必要か、故郷、政治と音楽の関係、師から学んだこと…、29人が語る、音楽と人生。

《著者・翻訳者略歴》
ディーター・ダーヴィット・ショルツ
ベルリン在住。フリーの音楽ジャーナリスト・オペラ評論家として活躍するほか、専門誌やARD放送局の批評を担当。ボン大学などでドイツ文学、哲学、音楽学、芸術史を学び、ペーター・ヴァプネヴスキ教授のもとで、リヒャルト・ワーグナーの反ユダヤ主義についての論文で博士号を取得。

蔵原 順子(クラハラ カズコ)
国際基督教大学卒、ドイツ語会議通訳者・翻訳者。音楽関係の仕事も多く、来日したアーティストのインタビュー、記者会見、講演の通訳を務める。

石川 桂子(イシカワ ケイコ)
東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒。ドイツ連邦共和国大使館政務部翻訳・通訳。

株式会社アルファベータブックス