ラインナップ

巨匠フルトヴェングラーの生涯

ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの評伝では、著者の立場により、評価が両極端であることが多い。ナチの同調者だとして道義的に糾弾されたかと思えば、ナチ政権から迫害者を救済し体制に抵抗した人物として称賛されたりもする。しかし、どちらの立場であろうとも共通するのは、彼がこれまでの指揮者の中でもっとも偉大な人物のひとりだったということだ。本書は、フルトヴェングラーにまつわる風説を事実と照らし合わせ、「神話」の背後にある真の人物像を提示する。膨大な資料、同時代の証言者とのインタビューにより、旧来の誤りを訂正し、新たな知見ももたらす。若き日のミュンヘン時代、音楽学者ハインリヒ・シェンカーとの関係、ザルツブルクに「アンチ・バイロイト」を樹立しようとした試みがヒトラーにより阻止されたこと、そして私生活での女性関係と非嫡出子たちとの交流など、これまでの評伝ではその詳細が不明だった事柄にも言及する。本書はひとりの音楽家の評伝であるとともに、ドイツの四つの時代の政治体制そのものを描く近現代史でもある。

著者 ヘルベルト・ハフナー 著 最上 英明 翻訳
ジャンル
出版年月日 2010/11/23
ISBN 9784871985710
判型・ページ数 A5判・552ページ
定価 本体4700円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの評伝では、著者の立場により、評価が両極端であることが多い。ナチの同調者だとして道義的に糾弾されたかと思えば、ナチ政権から迫害者を救済し体制に抵抗した人物として称賛されたりもする。しかし、どちらの立場であろうとも共通するのは、彼がこれまでの指揮者の中でもっとも偉大な人物のひとりだったということだ。本書は、フルトヴェングラーにまつわる風説を事実と照らし合わせ、「神話」の背後にある真の人物像を提示する。膨大な資料、同時代の証言者とのインタビューにより、旧来の誤りを訂正し、新たな知見ももたらす。若き日のミュンヘン時代、音楽学者ハインリヒ・シェンカーとの関係、ザルツブルクに「アンチ・バイロイト」を樹立しようとした試みがヒトラーにより阻止されたこと、そして私生活での女性関係と非嫡出子たちとの交流など、これまでの評伝ではその詳細が不明だった事柄にも言及する。本書はひとりの音楽家の評伝であるとともに、ドイツの四つの時代の政治体制そのものを描く近現代史でもある。

《目次》
第一章 ベルリンとミュンヘンでの青春時代

第二章 作曲家と指揮者としての第一歩

第三章 マンハイムの宮廷楽長

第四章 ベルリンとライプツィヒでの首席指揮者

第五章 成功と名誉

第六章 ニューヨーク、ウィーン、ベルリン

第七章バイロイトでトスカニーニと

第八章 千年王国の始まり

第九章 危険な綱渡り

第十章 年金生活者か亡命者か?ベルリンかバイロイトか?

第十一章 逃避

第十二章 奇跡のカラヤン

第十三章 戦争の勃発

第十四章 爆撃と抵抗
 
第十五章 崩壊

第十六章 過去の影

第十七章 第二次世界大戦
 
第十八章 晩年

フルトヴェングラー年譜
解説 絵山浩介
訳者あとがき

《著者・翻訳者略歴》
ヘルベルト・ハフナー
フライブルク在住。フリーの文化ジャーナリストとして、国内外の新聞、雑誌、放送局に寄稿。18世紀から現代までの劇場、ドラマの翻案、現代の音楽界に関する出版・放送番組が多い。レハールの評伝、「世界のオーケストラ」などの著書がある。2003年のフルトヴェングラーの評伝(本書)で絶賛を浴び、2007年には『ベルリン・フィル あるオーケストラの自伝』(邦訳:市原和子・訳、春秋社 ・2009年8月刊行) 、2009年にはストコフスキーの評伝を出版している。

最上 英明(モガミ ヒデアキ)
1959年、仙台市生まれ。北海道大学大学院文学研究科でドイツ語学を専攻。現在、香川大学教授。ドイツ語、オペラに関する授業を担当。ワーグナーやR.シュトラウスのオペラ、20世紀前半のドイツの音楽や芸術、フルトヴェングラー時代からカラヤン時代にかけてのベルリン・フィルの演奏や歴史に詳しい。

株式会社アルファベータブックス