ラインナップ

カレル・アンチェル―悲運に生きたマエストロ

「わが祖国」「新世界より」など数々の名演を遺し、チェコ・フィルの黄金時代を築き上げた指揮者カレル・アンチェルの本邦初の評伝。

著者 高橋 綾 著
ジャンル
出版年月日 2018/12/28
ISBN 9784865980608
判型・ページ数 四六判・230ページ
定価 本体2500円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

「わが祖国(スメタナ)」、「新世界より(ドヴォルザーク)」など数々の名演を遺し、チェコ・フィルの黄金時代を築き上げた指揮者カレル・アンチェル、日本で初めての評伝。

アウシュヴィッツ強制収容所から生還しチェコ・フィルの首席指揮者となるも、チェコ事件によりカナダへの亡命を余儀なくされ、晩年にはトロント交響楽団の指揮者となったカレル・アンチェル(1908~1973)。
常に時代に翻弄された生涯の中で、音楽への情熱を失わなかった彼にはどのような思いがあったのか。
その数奇な人生に、アンチェルに魅せられたピアニストが迫る。

《目次》
はじめに
第1章: 誕生からプラハ音楽院入学まで(1908~1926)
第2章: 学生時代からプラハ放送交響楽団指揮者就任までの歩み(1926~1939)
第3章: 暗黒の時代―テレジーンからアウシュヴィッツへ(1939~1945)
第4章: 楽壇復帰からチェコ・フィル音楽監督時代(1945~1968)
第5章: トロント交響楽団の音楽監督として(1968~1973)
補 章: アンチェル再評価の動向・CD 一覧 
おわりに
参考文献・図版の出典
カレル・アンチェル年譜

資料 カレル・アンチェルディスコグラフィー

《著者略歴》
高橋 綾(タカハシ アヤ)
1973年東京生まれ。桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科(音楽学専攻)卒業ならびに研究科修了。 現在はピアノ教室を主宰(https://www.aya-piano.jp/)。ピアニストとしても活動している。 カレル・アンチェルのホームページも開設している(https://www.karel-ancerl.jp/)。

株式会社アルファベータブックス