ラインナップ

能勢電鉄、阪急宝塚線・箕面線沿線アルバム—昭和~平成

猪名川沿いから霊場とニュータウンへ駆け抜ける能勢電鉄と、阪急宝塚線・箕面線の懐かしき昭和から平成の良き時代が写真で蘇る!!

著者 伊原 薫 解説
ジャンル
出版年月日 2021/12/28
ISBN 9784865988789
判型・ページ数 B5判・160ページ
定価 2970円(税込)
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

猪名川沿いから霊場とニュータウンへ駆け抜ける能勢電鉄と、阪急宝塚線・箕面線の懐かしき昭和から平成の良き時代が写真で蘇る!!

能勢電鉄は明治41年に能勢電気軌道として設立され、開業当初は三ツ矢サイダーの輸送を主な収入源としていました。その後、住宅開発で大改良され、現在は阪急との直通運転を行い車両もその譲渡車で統一されています。
阪急宝塚線は能勢街道に沿って北上し、小林一三ゆかりの地や高級住宅街を駆け抜け、歌劇の町・宝塚に至ります。また、箕面線は阪急の原点の路線です。
本書では、そんな能勢電鉄、阪急宝塚線・箕面線の懐かしい写真を満載して紹介します。

《解説者略歴》
伊原 薫(イハラ カオル)
1977(昭和52)年大阪府生まれ。京都大学大学院都市交通政策技術者。『鉄道ダイヤ情報』『旅の手帖』『鉄道ジャーナル』などの鉄道・旅行雑誌や、「Yahoo!ニュース個人」「乗りものニュース」などのWebニュースで執筆するほか、テレビ番組への出演や監修、地域公共交通に関する講演・アドバイスなど、幅広く活動する。著書に『「技あり!」の京阪電車』(交通新聞社)、『大阪メトロ誕生』(かや書房)、『国鉄・私鉄・JR 廃止駅の不思議と謎』(実業之日本社・共著)、『そうだったのか!Osaka Metro』(交通新聞社)など。


※『能勢電鉄、阪急宝塚線・箕面線沿線アルバム』は、一番早い書店さんで、取次会社の最終便で配本されるかギリギリの搬入となりますので、地域や取次会社、注文冊数によっては、来年年明け1月5日以降の店頭着になります。
なお、本書は注文出荷制で、注文をいただいた書店さんのみ、返条付注文扱いで、取次会社の新刊口ではなく注文口への搬入となりますので、通常の新刊の新刊口への搬入より、数日、書店さんへの入荷日が遅れることが多々ございますので、お気を付けください。
恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社アルファベータブックス