ラインナップ

コンスタンツェ・モーツァルトの物語

天才の影の女、モーツァルトに“ふさわしくない娘”が、その死を前にして、波乱に満ち、いまだ荒海の途上にある生涯をふりかえる。音楽史において、もっとも有名な夫をもったがゆえに軽んじられ、誤解されてきた女性コンスタンツェ・モーツァルトを描く小説。

著者 レナーテ・ヴェルシュ 著 小岡 礼子、小岡 明裕 訳
ジャンル
出版年月日 2007/09/08
ISBN 9784871985512
判型・ページ数 B6判・250ページ
定価 本体1800円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

天才の影の女、モーツァルトに“ふさわしくない娘”が、その死を前にして、波乱に満ち、いまだ荒海の途上にある生涯をふりかえる。音楽史において、もっとも有名な夫をもったがゆえに軽んじられ、誤解されてきた女性コンスタンツェ・モーツァルトを描く小説。

《著者略歴》
レナーデ・ヴェルシュ(Renate Welsh)
1937年ウィーン生まれ。児童・青少年文学作家として数々の賞を授与されている。
この人の作品の基底には、細心の調査と入念な観察を伴った、深い感情移入がある。
邦訳があるものとしては、「夢をみるアンネ」「あっ、ちじんじゃった」(ともに講談社)、「ヒースの咲く丘のホスピスから」(さ・え・ら書房)などがある。

株式会社アルファベータブックス