ラインナップ

「Laview」「52席の至福」と西武鉄道の行楽客輸送

首都圏への通勤通学需要があるなかで、行楽客輸送にも取り組む西武鉄道の事例を取り上げ、今後の鉄道会社の経営の在り方を考える!!

著者 堀内 重人 著
ジャンル
出版年月日 2020/12/07
ISBN 9784865980837
判型・ページ数 四六判・252ページ
定価 本体2000円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

秩父線を活性化させるため、「52席の至福」というレストラン電車を導入するだけでなく、自社の看板列車となるニューレッドアローの置き換えとして、新型特急「Laview」を導入するなど、行楽需要の取り込みを模索するようになった西武鉄道。
本書では、首都圏という巨大な通勤・通学需要が見込める環境にはあるが、秩父観光や西武ドーム・西武園遊園地などへの行楽客の輸送にも取り組む西武鉄道の事例を取り上げ、今後の鉄道会社の経営の在り方を考える!!

《目次》
1.西武鉄道の行楽客輸送のはじまり
2.西武秩父線の開業
3.所沢球場への観客輸送
4.グループの再編
5.「52席の至福」の運転開始
6.新型特急「Laview」の導入

《著者略歴》
堀内 重人(ホリウチ シゲト)
1967年生まれ。立命館大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。運輸評論家として執筆や講演活動、テレビ出演などを行なう傍ら、NPO などで交通問題を中心とした活動を行なう。日本交通学会、公益事業学会、日本海運経済学会、交通権学会会員。 主な著書に『高速バス』(グランプリ出版)、『鉄道・路線廃止と代替バス』(東京堂出版)、『地域で守ろう!鉄道・バス』(学芸出版社)、『新幹線VS 航空機』(東京堂出版)、『チャレンジする地方鉄道』(交通新聞社)、『元気なローカル線のつくりかた』(学芸出版社)、『寝台列車再生論』(戎光祥出版)、『ビジネスのヒントは駅弁に詰まっている』(双葉社)、『観光列車が旅を変えた~地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡~』(交通新聞社)、『地域の足を支えるコミュニティーバス・デマンド交通』(鹿島出版会)、『「しまかぜ」「青の交響曲」誕生の物語』(アルファベータブックス)などがある。

株式会社アルファベータブックス