ラインナップ

南武線、鶴見線、青梅線、五日市線—1950~1980年代の記録

奥多摩の石灰石や多摩川の砂利を京浜工業地帯へ輸送し、日本の近代化の立役者として大活躍した路線の歴史を振り返る!

著者 山田 亮 著
ジャンル
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784865988222
判型・ページ数 A4変判・88ページ
定価 本体1850円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

奥多摩の石灰石や多摩川の砂利を京浜工業地帯へ輸送し、日本の近代化の立役者として大活躍した路線の歴史を振り返ります! 沿線の「市史」などに記載された知られざる歴史も豊富に紹介。鉄道ファンはもとより、郷土の歴史が好きな方々に、ぜひおススメの一冊です。

《著者略歴》
山田 亮(ヤマダ アキラ)
1953年生まれ。慶應義塾大学鉄道研究会OB、慶應鉄研三田会会員、神奈川県庁勤務、鉄道研究家。現在は、鉄道誌などに鉄道史や列車運転史の研究成果を発表。著書に『上野発の夜行列車・名列車』(JTBパブリッシング)、『JR中央線・青梅線・五日市線各駅停車』(洋泉社)など。

株式会社アルファベータブックス