ラインナップ

反―寺山修司論 《復刻版》

「犯罪はなぜ生まれるのか」をめぐり「社会」と「個人」で激しく対立した永山の『反―寺山修司論』(1977年刊)の復刊。

著者 永山 則夫 著
ジャンル
出版年月日 2017/08/23
ISBN 9784865980394
判型・ページ数 A5判・380ページ
定価 本体3000円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

死刑執行から20年(1997年8月1日)…。″永山則夫″は今に何を伝えるのか!
「犯罪はなぜ生まれるのか」をめぐり「社会」と「個人」で激しく対立した永山の1000枚を超える「反―寺山修司論」(1977年刊)の復刊。

「本書のタイトルから読者はどんな書物を想像するだろう。永山則夫と寺山修司、この二つの名前はおそらくいまも多くのひとびとのなかで、それぞれに記憶されているだろう。永山は十九歳で連続射殺事件を起こし、獄中で『無知の涙』を著し、死刑執行された人物として。一方寺山は、短歌にはじまって、詩、演劇、映画にわたって世界的に華々しく活躍していた人物として。二人は水と油のように思える。しかし、一九七〇年代、両者には交錯するところが確かにあったのだ。…」
(細見 和之)

《目次》
序――永山則夫と寺山修司、その邂逅の軌跡(細見和之)
戦端(「さらば、津軽 =永山則夫の犯罪」 寺山修司) 
第1章 ニセ津軽人と偽善の華々(青森には、むかしから「なんじょがある」…)
第2章 ハイエナ売文屋を駁す(母恋春歌調…) 
第3章 昭和元禄と「連続射殺魔」( 寺山修司の『幸福論』…) 
第4章 デマゴーグを駁す( 偏見と差別…) 
あとがき ―― I 本書の背景 II 反省―共立運動の外観と展望  

《著者略歴》
永山 則夫(ナガヤマ ノリオ)
1949 年6 月27 日、北海道網走市で生まれる。7 歳の時、青森県北津軽郡に転居。65年、中学卒業後、集団就職で上京。果物店に就職するが半年で退職。その後、宇都宮、大阪、再び東京と転々とする。19歳だった68年10月、アメリカ海軍横須賀基地に侵入し、拳銃を盗む。11月にかけて、東京、京都、函館、名古屋で4人を射殺。「108号事件」として全国に手配。69年4月逮捕。79年、東京地裁で死刑判決。81年、東京高裁で、家庭環境などを理由に無期懲役に減刑。しかし90年、最高裁で再び死刑確定。97年8月1日、刑が執行される。  著書に『無知の涙』(合同出版、角川文庫、河出文庫)、『人民をわすれたカナリアたち』(辺境社、角川文庫、河出文庫)、『愛か-無か』(合同出版)、『動揺記1』(辺境社)、『木橋』(立風書房、河出文庫)、『捨て子ごっこ』(河出書房新社)、『なぜか、海』(河出書房新社)、『異水』(河出書房新社)、『華』(1-4、河出書房新社)など。

株式会社アルファベータブックス