ラインナップ

ビートルズが教えてくれた

ビートルズが、日本のアーティストや業界関係者にどう受け止められ、そしてどんな影響を 与えてきたのかを明らかにする!!

著者 田家 秀樹 著
ジャンル
出版年月日 2017/10/05
ISBN 9784865980400
判型・ページ数 四六判・256ページ
定価 本体1600円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

ビートルズは日本でどう受け止められ、どんな影響を与えてきたのか?
時を超えて、何世代にも渡って聴き続けられ、歌い継がれているのはなぜなのか?

日本のロック・ポップスを創成期から見続けている田家秀樹が、1930年から80年代生まれのアーティストと、その時代の関係者たちに取材・インタビューするなかで、彼らがビートルズから何を学び、何を教えられたのかを明らかにする!!

ビートルズ・デビュー55周年記念出版!!
“西日本新聞好評連載・待望の書籍化”

《目次》
●プロローグ…彼らの音楽に何を聞き何を見てきたのか
●財津和夫…一瞬にして虜になった/衝撃だった無秩序/教科書通りじゃない!/「中期以降」に惹かれて/1曲に16時間かけて/みんな君たちのせいさ
●草野浩二…カバーできない別モノ/日本語が似合わない!
●東京ビートルズ…米兵の手で運ばれて/はっぴいえんどの先輩
●高嶋弘之…社会現象作っちゃえ/あの手この手の大作戦/格の違いはハーモニー/〝信長〞のバカヤロー
●井上陽水…リバプールは遠すぎる/音楽に選ばれた人/地球の裏側にいた同志/部屋にギターはなかった/触発され、自分の世界を/一人で延々歌っていた
●フォークル(フォーク・クルセダダーズ)…自由な電車ごっこ/大人は判ってくれない
●横尾忠則… 1967 年のラブ&ピース
●浜田哲生…何でも見てやろう!/書を捨てよ 町に出よう/まずは「家出のすすめ」/リンゴの家よ永遠に
●石坂敬一…4人はアイドル!
●岡本おさみ…女王陛下はいい女/日陰を好んでいては…/もっと陽気でもいい
●CHAGE & ASKA …まるで親戚のように/新しくなく懐かしい歌/あれが機材の乗った船/譜面台なんて言語道断/真似できない自由さに/リバプールで落書きを/〝史上最大の作戦〞だ!/音楽は国境を超える/世界に触れた握手から/一度立ち止まり、次へ
●高橋まこと(BOØWY)…タイガースに負けてる/全部彼女が駄目にした?/みんなで見る夢は、現実/めんたいロックに続け!/マジでバンドやろうぜ!/「プロもアマもないよ」
●斉藤和義…66年6月22日生まれ/世の中の音楽の7割を/傘がないわけじゃない/思ったことを形にして/薄着では笑えない現実/これからもヨロチクビー
●ラブ・サイケデリコ…教科書デビューしても/ドンと入って来ちゃう/〝イエス〞というロック/バッハより身近で偉大/神話になりたくない!/最後に愛にたどり着く
●斉藤早苗…英語が分からないから/エルビスにはないもの/100回でも200回でも
●flumpool…父母が叔父が友達が/そして聖地に向かう/イマジン流れる部屋で/4人だからこそ楽しい
●TAKURO(GLAY)…これで部活辞めました/博多なら博多の音を/神様のお告げで変更/センチメンタルな不良/ヒットしてGoodか?/夢を叶えてしまった後/夢も挫折も成功も失敗も
●エピローグ…俺はジョン 君はヨーコ/I WEST 72STREET NY/レノン・シンドローム/ただ星空があるだけ/彼らの音楽からまだまだ学び続けられる
●巻末付録「ビートルズと日本の音楽シーンの変遷史」

《著者略歴》
田家 秀樹(タケ ヒデキ)
1946年、千葉県船橋市生まれ。1969年、タウン誌のはしりとなった『新宿プレイマップ』創刊編集者を皮切りに、『セイ!ヤング』などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、NACK5、 FM COCOLO、TOKYOFM、BAY FMで音楽番組のパーソナリティー。『毎日新聞』など、新聞・雑誌・Webでレギュラー執筆中。日本のロック・ポップスを創成期から見続けている一人。 主な著書に、『陽のあたる場所〜浜田省吾ストーリー』『オン・ザ・ロード・アゲイン〜浜田省吾ツアーの241日』(角川書店・文庫)、『読むJ-POP〜1945-2004』(朝日文庫)、『小説・吉田拓郎〜いつも見ていた広島』(小学館)、『70年代ノート』(毎日新聞)、『永遠のザ・フォーク・クルセダーズ〜若い加藤和彦のように』(ヤマハミュージックメディア)など多数。

株式会社アルファベータブックス