ラインナップ

「しまかぜ」「青の交響曲」誕生の物語—魅力ある観光特急の開発をし続ける大手民間鉄道・近畿日本鉄道の挑戦!!

魅力のある観光特急「しまかぜ」と「青の交響曲」を開発することで、自社の魅力を高めることを試みる近鉄の現状を紹介!!

著者 堀内 重人 著
ジャンル
出版年月日 2019/06/14
ISBN 9784865980691
判型・ページ数 四六判・236ページ
定価 2200円(税込)
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

昨今の少子化や過疎化、人口減少社会の到来や高速道路の延伸による競争激化など、厳しい時代に直面する中で、魅力のある観光特急「しまかぜ」と「青の交響曲(シンフォニー)」を開発することで、自社の魅力を高めることを試みる近鉄の現状を紹介!!

《目次》
1.「しまかぜ」プロジェクトの始まり
2.車両を設計する上での配慮した点
3.「青のシンフォニー」プロジェクトの始まり
4.「青のシンフォニー」を導入する上での留意点
5.近鉄の今後の事業展開

《著者略歴》
堀内 重人(ホリウチ シゲト)
1967年生まれ。立命館大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。運輸評論家として執筆や講演活動、テレビ出演などを行なう傍ら、NPO などで交通問題を中心とした活動を行なう。日本交通学会、公益事業学会、日本海運経済学会、交通権学会会員。 主な著書に『高速バス』(グランプリ出版)、『鉄道・路線廃止と代替バス』(東京堂出版)、『地域で守ろう!鉄道・バス』(学芸出版社)、『新幹線VS 航空機』(東京堂出版)、『チャレンジする地方鉄道』(交通新聞社)、『元気なローカル線のつくりかた』(学芸出版社)、『寝台列車再生論』(戎光祥出版)、『ビジネスのヒントは駅弁に詰まっている』(双葉社)、『観光列車が旅を変えた~地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡~』(交通新聞社)、『地域の足を支えるコミュニティーバス・デマンド交通』(鹿島出版会)、『「しまかぜ」「青の交響曲」誕生の物語』(アルファベータブックス)などがある。

株式会社アルファベータブックス