ラインナップ

震災日記—長野県栄村、2011年3月12日~4月12日

東日本大震災の翌日、日本一の豪雪地帯、長野県・栄村を襲った震度6強の大地震。震災当日から、ネットで伝え続けた迫真のドキュ・ント。その時、人は、家は、ライフラインは、行政は、どうなるのか。被災者は何ができるのか。何を発信すべきなのか。

著者 松尾 眞 著
ジャンル
出版年月日 2011/12/01
ISBN 9784871986540
判型・ページ数 四六判・244ページ
定価 2090円(税込)
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

東日本大震災の翌日、日本一の豪雪地帯、長野県・栄村を襲った震度6強の大地震。震災当日から、ネットで伝え続けた迫真のドキュ・ント。その時、人は、家は、ライフラインは、行政は、どうなるのか。被災者は何ができるのか。何を発信すべきなのか。

《著者略歴》
松尾 眞(マツオ マコト)
1950年生まれ。京都大学中退。京都精華大学大学院人文研究科修士課程修了。現在、NPO法人栄村ネットワーク理事、京都精華大学教員。震災直後から連日発行を続けている被災地からのレポート「栄村の状況」「栄村復興への歩み」は各紙誌絶賛。「東日本復興のオピニオンリーダー」として注目を集めている。

株式会社アルファベータブックス