ラインナップ

反覆 新装復刻増補版

60年代末の芸術の風化現象に対する闘争を背景とした彦坂尚嘉の活動をまとめた記録。「〈もの派〉批判―70 年代論」 を増補。

著者 彦坂 尚嘉 著
ジャンル
出版年月日 2016/10/01
ISBN 9784865980202
判型・ページ数 四六判・434ページ
定価 本体3500円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

日本現代美術史に残る重要作遂に復刊。

1960年代末期における芸術の風化現象に対する多摩美術大学〈美共闘〉の闘争を背景とした彦坂尚嘉の実践と精神活動をまとめた記録。当時影響力を持っていた〈もの派〉の中心作家である李禹煥に反論し話題を呼んだ「李禹煥批判/内的危機としてのファシズム」も収録。

復刻にあたり書下ろし「〈もの派〉批判―70年代論」を100頁大幅に増補!政治・経済・軍事を手掛かりに、1970年代という日米安保条約の前後から起きている巨大な文明の変動を美術と関連づけダイナミックな論考を展開する。美術の外部をとらえなければ今の時代は美術について書くことは出来ない。

《著者略歴》
彦坂 尚嘉(ヒコサカ ナオヨシ)
1946 年東京生まれ。 現代美術家・美術史評論家。多摩美術大学絵画科油彩科中退。日本建築学会会員、日本ラカン協会会員。前立教大学大学院特任教授 。1982 年第40 回ヴェネツィア・ビエンナーレ、2000~2009 年 第1~4 回越後妻有トリエンナーレ他多くの国際芸術祭に参加。著書に『彦坂尚嘉のエクリチュール』(三和書籍)共著に『空想皇居美術館』(朝日新聞出版)などがある。

株式会社アルファベータブックス