ラインナップ

済州島 海女(チャムス)の民族誌—「海畑」という生活世界

済州島出身の著者が、自ら海女になり、参与観察することによって記録した海女たちの生きかたと、文化・習俗に迫った労作。

著者 アン・ミジョン 著 キム・スンイム 翻訳 小島 孝夫 監修
ジャンル
出版年月日 2017/11/20
ISBN 9784865980448
判型・ページ数 A5判・236ページ
定価 本体2500円+税
在庫 在庫あり
ネット書店
                   

内容説明

済州島出身の著者が、自ら海女(チャムス)になり、海女漁(ムルジル)を習い、参与観察することによって記録した海女たちの生きかたと、その文化・習俗に迫った労作!!

泉靖一著『済州島』の世界と現在とをつなぐ研究成果となる一冊。日本と韓国の間では海女文化交流が長年続いており、日本の読者もその関心が高い。
2016年、「済州(チェジュ)の海女文化」はユネスコ人類無形文化遺産に登録。

《目次》
第1章 研究の目的と方法…研究の目的/研究の背景と方法
第2章 済州チャムスの歴史と社会的コンテキスト…食糧獲得から賦役労働まで/現金所得と抵抗/沿岸漁業制度の定着/市場と道具の変化/チャムス人口の減少/チャムスの呼称
第3章 村の社会的背景…村の風景/村の歴史/生業/社会組織/村の神々と儀礼
第4章 沿海集落の共同漁撈…素潜り漁/海洋資源の社会的特性/海藻の共同採取/海洋資源の保護と占有
第5章 チャムスグッの儀礼…儀礼の社会文化的な地形/海洋農耕の儀礼/伝統の政治/古い権利
第6章 海岸の開発と日常との社会関係…抵抗と葛藤の社会的ドラマ/重層的な社会関係/互恵的な交換と分配
第7章 むすび…資源の権利と共生関係/持続的な生活方式の戦略

《著者・翻訳者・監修者略歴》
アン・ミジョン
1969年済州生まれ。漢陽大学文化人類学科博士課程修了。2008年に国立民族学博物館外来研究員、現在、韓国海洋大学国際海洋問題研究所HK(人文韓国)助教授。東アジアの「海洋文化と移住者」(在日、釜山の華僑、サハリン永住帰国者など)に関するいくつかの論文を発表しており、2012年の日韓漁業文化を比較した論文(「海洋の危険談話やライフスタイルの権利」済州島研究Vol.36、2011)で済州学会から学術論文賞受賞。

キム・スンイム
1970年済州生まれ。済州大学通翻訳大学院修士課程修了。同大学政治外交学科博士課程修了。現在、済州大学通翻訳センター特別研究員。韓国語への翻訳で『戦争と平和』(猪口邦子)、『鳥羽・志摩の海女』(海の博物館)、『済州の物語』などがある。

小島 孝夫(こじま たかお)
1955年、埼玉県生まれ。筑波大学大学院環境科学研究科修了。成城大学文芸学部教授。論文「島渡りする海女」、旅の文化研究所編『旅の民俗シリーズ1 生きる』(現代書館、2017年)、編著『平成の大合併と地域社会のくらし―関係性の民俗学』(明石書店、2015年)、『クジラと日本人の物語―沿岸小型捕鯨再考』(東京書店、2009年)、共著『日本の民俗1 海と里』(吉川弘文館、2008年)などがある。

株式会社アルファベータブックス